貸切パーティー☆ナイト

貸切パーティー☆ナイト

貸切パーティーの企画を作るときの注意点

結婚式の2次会を開催する場合、レストランなどのお店を貸し切って利用するケースが多く在ります。
2次会は披露宴に参加できなかった友人などが新郎と新婦を祝う会として多くの新婚カップルが行う貸切パーティーになりますが、結婚式の2次会などの貸切パーティーを企画する場合、パーティー会場の収容人数と参加人数がマッチしているのか、披露宴が終わってから数時間後に2次会が開催されるため、パーティー会場の予約がその時間の中で可能になるのかと言った事を企画段階で確認をしておく必要が在ります。
また、貸切パーティーの場合は、通常お店を利用する時と違い、貸し切り料金が必要になるため、全体的な費用がどれだけかかるのかを把握しておくことが大切です。
尚、結婚式の2次会は参加費を支払って新郎と新婦をお祝いする事になるため、それぞれの参加者から貰う参加費の総額と貸切パーティーでお店に支払う金額が一致もしくは、参加費用の方が多くなるように企画を作る事も大切です。

貸切パーティーの企画の作り方について

お店を貸し切っての貸切パーティーを開催する際の企画と言うのは、パーティーの趣向などを考えてお店を選ぶ事から始めます。
例えば、結婚式の2次会は新郎と新婦をお祝いする会であり、料理を味わうだけではなく様々なイベントをパーティーの中で繰り広げて行く事になるため、料理だけではなく、企画したイベントを開催する事が出来るお店を探すことが必要になります。
また、パーティーを立食形式で行うのか、テーブルを用意して着席をしてパーティーを開催するのかを決める事も大切です。
貸切パーティーを可能にしているお店の多くは、テーブルを利用した着席が主体となる為、立食形式で行いたい場合は可能なお店を探す必要が在ります。
更に、お店には収容人数が決まっているため、企画を行う段階で収容可能なお店を探す事、貸し切りが出来る時間帯なども確認をしておくことが大切ですし、貸し切り料金は会費などに応じて金額の上限が決まってくるため、参加人数と会費の金額などを企画段階で定めておくことも大切です。

注目サイト

ベビーベッド レンタル

Last update:2018/12/5